このセクションの記事一覧はこちら

クーポンの表示数や利用数などを解析する - Googleアナリティクス

2022年1月27日からリリースされたバージョンから、GoogleAnalyticsで取得される情報が追加・変更されます。

  • iOS…v10.0以上
  • Android…v10.0.0以上

※上記バージョンに至っていないアプリは本ページの情報が該当いたしません。
※アプリのバージョンをアップデートされたい場合は、管理画面より再申請を行っていただきますようお願い致します。

coupon_GA.001.jpeg

  1. 左のメニューから「行動」を選択します。

  2. 「イベント」を選択すると、メニューがでてきます。「概要」または「上位のイベント」クリックします。

  3. 解析したい期間を設定します。

  4. 以下のクーポン機能に関するイベントのカテゴリ名、イベントアクション名、ラベル名を参考に計測データをご確認ください。

v10.0以上

ユーザーの行動 スクリーンネーム イベントカテゴリ イベントアクション ラベル

クーポン一覧画面を

表示する

1: {コンテンツ名}
2: {id}
- - -
クーポンの詳細画面を表示する 1: {コンテンツ名}
2: {id}
- - -
クーポンの
「使う」ボタンを押下する
- {クーポンタイトル}-{コンテンツID}:{クーポンID} 使うボタン {ID}

クーポン一覧画面で「お気に入り」ボタンを押す

- {クーポンタイトル}-{コンテンツID}:{クーポンID} お気に入りボタン {ID}
クーポン詳細画面で「お気に入り」ボタンを押す - {クーポンタイトル}-{コンテンツID}:{クーポンID} お気に入りボタン {ID}
カウントダウン型:
ウェブリンクボタンを押下する
- {クーポンタイトル}-{コンテンツID}:{クーポンID} {ボタンラベル名} {ID}

v10.0未満

ユーザーの行動 スクリーンネーム イベントカテゴリ イベントアクション ラベル

クーポン一覧画面を

表示する

1: {コンテンツ名}
2: {id}
- - -

消費型/非消費型のクーポンの

詳細画面を表示する

 1: {url}
2: {id}
- - -

消費型/非消費型のクーポンの

「使う」ボタンを押下する

- {コンテンツ名} {ボタン名} {id}

カウントダウン型のクーポンの

詳細画面を表示する

1: {コンテンツ名}
2: {id}
- - -

カウントダウン型のクーポンの

「利用する」ボタンをタップする

- Coupon ja: 使うボタン
en: Use button
pr: Botão para usar
-

クーポン一覧画面で

「お気に入り」ボタンを押す

- {コンテンツ名} {ボタン名} {タイトル}

 クーポン詳細画面で

「お気に入り」ボタンを押す

- {コンテンツ名} {ボタン名} {id}

 

各種IDの説明

  • コンテンツID
    • クーポン機能単位で発行されるIDとなります。
    • CMS上でクーポン機能を表示した際のURL末尾にある「id=xxxxxxx」部分がコンテンツIDとなります。
      https://c.yapp.li/apps/content/coupon?sku=xxxxxxx&id=abcdefgh
  • クーポンID
    • クーポン機能内の各クーポンに対して発行されているIDです。管理画面上でクーポン機能を表示した際に、作成したクーポン一覧に表示されている「ID: 〇〇」がクーポンIDとなります。
      coupon_id.001.jpeg
  • ID
    • イベントラベルに表示されるIDは、①コンテンツID、②クーポンIDと管理用IDを組み合わせたIDとなります。
      例)urn:yappli:xxxxxxx-〇〇〇〇〇〇 - △△△ - ①コンテンツID:②クーポンID

また、1月27日からリリースされたバージョンからGoogleAnalyticsで取得されるイベントカテゴリーの内容が変更となっております。変更箇所・内容についてはこちらのサポートページも御覧ください。

参考:『Google アナリティクスでクーポンを解析する方法

 

ヒント

  • お気に入りボタンの計測については、追加時のみ計測されます。お気に入り解除は計測されません。

 

更新履歴

2022年2月3日 対応バージョンを更新、ならびにイベントカテゴリなどを一部修正。各種IDの説明を追加

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >