このセクションの記事一覧はこちら

「証明書の有効期限が切れています」とアラートが出てプッシュ配信ができません

プッシュ通知を配信しようとした際、以下のアラートが出た場合は証明書を更新するまで配信ができない状態になっております。

 

___________png.png

 

証明書の有効期限が切れています。
プッシュ通知の証明書の有効期限が切れているため配信できません。
AppStoreConnectの最新の規約に同意をしているか確認した後、サポートまでご連絡ください。

 

弊社でのプッシュ証明書の自動更新作業には、弊社に権限付与をされていること、また、二種の規約同意が必要となります。

お手数ですが、上記のような表示がでた場合は、以下サポートページをご参考の上、三点の作業が完了しているかをご確認くださいませ。

  1. App Store Connect上でヤプリに対してAdmin権限を付与している
    参考:『権限を付与する-App Store Connect
  2. Apple Developer Programの規約に同意する
    参考:『規約変更に同意する-Apple Developer Program
  3. App Store Connectの「契約/税金/口座情報」の規約に同意する
    参考:『「契約/税金/口座情報」に同意する-App Store Connect

場合によっては2・3のいずれかか一方の同意のみで完了する場合がございますが、念の為、三点ともご確認ください。

なお、Apple側の仕様により、Apple Developer Program とApple Store Connect を同時に開き作業を行うと、規約同意画面のアラートが正常に表示されない場合がございます。

大変お手数ですが、ご確認の際は、Apple Developer Program から順にご覧頂きますようお願いいたします。

 

規約同意が完了しましたら、ヤプリサポートまでその旨ご連絡ください。プッシュ証明書を更新させていただきます。証明書の更新は営業時間外での対応はできかねますため、ご了承ください。

 

Appleからのメールは適宜ご確認の上、規約同意対応を何卒よろしくお願いいたします。

参考:『Apple社から来ているメールについて

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >