このセクションの記事一覧はこちら

AppsFlyer導入企業に向けたアップデート内容について

平素弊社サービスをご利用いただきありがとうございます。

ヤプリ アプリマーケティングチームでございます。

 

間もなく、Appleから最新のOS「iOS14.5」のリリースが予定されています。

それに伴い、AppsFlyerをご契約頂いている企業様はアプリのアップデートが必要になります。

 

 

背景

  • Appleは、iOS14.5のリリースでプライバシー保護の強化を目的にIDFAの取得を行おうとするアプリに対して、AppTrackingTransparency(ATT)の表示を義務化します。
  • ATTの表示とは下記の通り事前にユーザーの許可をとるようなポップアップの表示です。

blobid0.png

引用:Apple

  • 上記ATTを「許可」するユーザーは非常に少ないと想定されているため、IDFAの取得が困難になることが予想されます。それに伴い、IDFAを使った広告効果の計測ができなくなるため、Appleは独自の計測ツールSKAdNetworkを提供しています。
  • IDFAを使った計測を行うメディア(Facebook、Twitter、Googleなど)はSKAdNetworkでの計測を推奨いたします。

 

 

アップデート内容

上記Appleの仕様変更により、AppsFlyerのSDKをVer 6.2.4にアップデートする必要があります

※このアップデートではSKAdNetworkの対応を行います 上記アップデート対応後にATTの対応を進めていく予定です

※ATTイメージは下記となります。文言は変更することができないため、ご了承ください

blobid1.png

※イメージとなります

 

 

公開予定日

4月15日(木)

※AppsFlyer SDKのVer 6.2.4のリリース予定日です(SKAdNetworkの対応を行うためのアップデート)

 

 

お願い

SKAdNetworkを利用する場合には、4/15(木)を過ぎましたら、アップデートの申請をしていただくようお願いいたします
SKAdNetworkは、アップデート後、AppsFlyerの設定を変更する必要があります。

 

 

参考URL

 

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >