このセクションの記事一覧はこちら

消費型かつカウントダウン型のクーポンで 「終了日時まで」の設定ができるようになりました!

クーポン機能の消費型かつカウントダウン型のクーポンで、「終了日時まで」の設定ができるようになりました。

____-______.png

これに伴い、「使う」ボタンを押下した後も、終了日時までクーポンが表示できるようになります。

 

 

 

必要なアプリのバージョン

本機能の利用には、以下のアプリのバージョンが必要となります。

アプリの種類 必要なアプリのバージョン
iOS用アプリ 9.95 以降
Android用アプリ 9.29.0 以降

※Preview Yappliの本機能を含んだバージョンの公開は5月中旬頃を予定しております。本サポートページを公開した現時点では、管理画面で設定をしたとしても、Preview Yappliで正しく動作いたしません。
恐れ入りますが、アプリ上で挙動を確認されたい場合は、Preview Yappliの最新バージョンの公開までお待ち下さい。

 

 

設定方法

____-_______.png

  1. クーポンの設定画面において、「利用形態(利用回数)」で【消費型(1回)】を選びます。
  2. 「有効期間の指定方法」で【開始/終了日時と「使う」後の利用時間を指定】を選びます。
  3. 必須項目である【終了日時】を指定します。開始日時は任意項目です。
  4. 「「使う」後の利用可能時間」で【終了日時まで】を選びます。

 

 

「使う」ボタンを押下後のアプリ上での表示

バーコード/コードコピーが設定されている&使う後の利用可能時間を「終了日時まで」とした場合

IMG_4897_2.PNG

※カウントダウンの時間は表示されません

 

バーコード/コードコピーが設定されていない&使う後の利用可能時間を「終了日時まで」とした場合

残り時間が24時間以上の場合/有効期限のみ表示

IMG_4897_5.png

残り時間が24時間未満の場合/残り時間も表示

IMG_4897_4.png

 

ヒント

  • 【消費型】かつ【開始/終了日時と「使う」後の利用時間を指定】以外の設定では、本機能はご利用いただけません。
  •  消費型1回の使うの利用時間を終了日時にし、かつ終了日時を経過後にクーポンの終了日時を変更した場合の動作は、以下のようになっています。
    • 終了日時経過後に、管理画面でクーポンの終了日時を延長した場合
      →アプリユーザーがクーポンを使用前の場合は、終了日時が延長されます。
      →アプリユーザーがクーポンを使用済みの場合は、更新された終了日時まで再度表示されるようになります。
    • 終了日時経過前に、管理画面でクーポンの終了日時を短縮した場合
      →アプリユーザーがクーポンを使用前・使用済みに関わらず、アプリに表示される終了日時が短縮されます。

ご注意

  • 機能を設定する前に、必ず現在ストアに公開されているアプリバージョンをご確認ください。
  • 対応しているアプリバージョン未満の場合は、バージョンアップが必要となります。CMS(管理画面)の「アプリ登録」から再申請を行ってください。
  • 端末にインストールされているアプリのバージョンが、本対応バージョン未満の場合、正常に動作がしない可能性がございます。
  • ユーザーにアプリのアップデートを促す「強制アップデート」を実施されたい場合は、サポートまでご相談くださいませ。

 

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >