このセクションの記事一覧はこちら

【9月17日公開】ダッシュボードを刷新します!

YappliのCMS(管理画面)のダッシュボードでは、これまでGoogle Analyticsのデータを元に、アプリの利用状況をご確認いただいておりました。

しかし、「【7月16日更新】Google Analyticsの新規ユーザー数値の増加について」でお知らせしました通り、2021年6月より新規ユーザー数が正しく計測できない事象が発生しております。

本件の調査を続けてきましたが、原因特定と対策が困難なことから、ダッシュボードのデータ元をGoogle Analyticsから、ヤプリで取得しているデータに切り替えさせていただく運びとなりました。併せて、ご要望を多くいただいておりましたCSVダウンロード機能などを追加し、より使いやすい新ダッシュボードとしてご提供致します。

しかしながら、データ元を切り替えることで、皆さまが従来ご覧になってきた数字とは差異が発生します。過去データと比較しにくい点で、ご不便をおかけしてしまい恐縮ではございますが、今後正確なデータ分析を可能とするためにも、何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。

また、新ダッシュボードに表示するためのデータを取得し、ダッシュボードを表示するためには対応アプリバージョン以上へのアップデートが必要となります(※)。アップデートをお済みでないお客様は、この機会にぜひご検討ください。

※ [新規ユーザー数]および[QRコード・短縮URL読み取り数]のグラフは、OSバージョン問わずご提供します。

 

 

公開日

2021年9月17日

 

 

リリース予定日

2021年10月13日より順次公開

※2021年10月末日までにすべてのアプリのダッシュボードに反映予定

 

 

対応バージョン

  • iOSアプリ v9.61以上
  • Androidアプリ v8.2以上

※公開されているアプリのバージョンの確認方法は、こちらのサポートページをご参考ください→アプリのバージョンを確認する方法

 

 

追加・変更点

追加機能

  • CSVファイルダウンロード
    • グラフや表の値をCSVファイルでダウンロードできます
  • 表スクロール
    • 直近一年間の最大1,000件のデータを参照できます
  • 表ソート
    • 表項目の昇順・降順で並び替えができます
  • グラフ表示期間の選択
    • 直近一年間の表示期間を選択できます
  • 設定画面へのリンク
    • プッシュ通知やクーポンなど、ダッシュボードからCMS上での該当設定画面にリンク移動できます

既存項目の変更点

  • 新規ユーザー数
    • 2021年4月以降の計測値となります
    • OS別表示は廃止となり、全体での値表示になります
  • アクティブユーザー数
    • 対象アプリバージョンアップ以降の計測値となります
    • ユーザーのアプリ利用状況に応じて、「新規」「復帰」「継続」の3つの分類で表示します
  • コンテンツ閲覧数
    • 対象アプリバージョンアップ以降の計測値となります
    • 最大100件まで日別の値を表示します
  • オートプッシュ配信数
    • 対象アプリバージョンアップ以降の計測値となります
    • 直近一年間の最大1,000件まで表示します
  • クーポン利用数
    • 対象アプリバージョンアップ以降の計測値となります
    • 直近一年間の最大1,000件まで、日別の値を表示します
  • プッシュ配信数
    • 対象アプリバージョンアップ以降の計測値となります
    • 直近一年間の最大1,000件まで表示します
    • プッシュ通知のリンク先に遷移した【詳細閲覧数】を表示します
  • QRコード・短縮URL読み取り数
    • 変更はありません

 

よくあるご質問

Q.新ダッシュボードに切り替わってから、ダッシュボードが表示されません。なぜですか?
A.iOSとAndroidのどちらかが対応アプリバージョン未満の可能性がございます。ストアに公開されているアプリのバージョンが “iOS v9.61以上 / Android v8.2以上” を満たしているかどうかご確認ください。

 

Q.2021年4月より前のダウンロード数は表示できますか?
A.弊社のデータ取得開始タイミング上、2021年4月より前の数をダッシュボードで表示することができません。恐れ入りますが、過去データにつきましては、Google Analyticsにてご確認ください。

 

Q.新ダッシュボードになって、アクティブユーザー数やプッシュ開封率が以前と変わりました。なぜですか?
A.​​Google Analyticsとヤプリで取得するデータでは、データを収集する仕組みが異なるため差が生じます。例えば1日あたりのアクティブユーザー数の場合、全てのアプリで平均すると、今回ダッシュボード表示に用いるヤプリ収集データとGoogle Analyticsでは、ヤプリ収集データの方が2.02%多いという結果でした(※)。ただしGAと比較して10%以上の差が発生するケースも3割存在しました。また次の質問に記載の通り、アプリを対象バージョンにアップデートしてからしばらくは差が発生しやすいので、ご留意頂けましたら幸いです。
※2021年8月1日〜31日の検証結果。また主な仕様の差として、Google Analyticsではアプリ起動時点(セッション開始時点)を基準としていたのが、ヤプリ取得データではそれぞれのデータが発生した時刻を基準としていることが挙げられます。

 

Q.アプリバージョンをアップデートして新ダッシュボードが表示されるようになりましたが、これまでよりもアクティブユーザー数やプッシュ開封率が異常に少ないです。なぜですか?
A.アップデートしたバージョンのアプリをストアに公開してから、エンドユーザー様の端末に反映されるまでには、ある程度の期間を要します。エンドユーザー様の端末では、アプリバージョンを自動更新する設定にしていることが多く、ストア公開後、端末ごとに任意のタイミングでバージョンが更新されます。そのためアップデートから数日間は、すべてのエンドユーザー様からデータを取得できず、徐々に増えていく形となります。一般的な傾向として、アップデート直後は従来の1割くらいの値から始まり、2週間程度経過したのちに元の水準に回復します。恐れ入りますが、今しばらく様子を見て頂くようお願い致します。

 

Q.過去のデータを見たら、ある期間で数値が急上昇していました。従来のダッシュボードでそんな変化はなかったのですが、どうしてですか?
A.新ダッシュボードでは、対象アプリバージョンにアップデート以降、データが計測されます。そのため、データ表示期間(直近1年間)内に、対象アプリバージョンへのアップデートを行っていた場合、その前後で計測値が急上昇します。また、アップデートのタイミングがOSごとに異なっていた場合、それぞれのタイミングで大きく変化します。

 

Q.対象アプリバージョンにアップデートしていなかった時期も、計測値が存在しています。どうしてですか?
A.弊社のデータ取得の仕組上、エンドユーザー様が一部の機能を利用した場合のみ、アプリバージョンを問わずデータが取得されます。そのため、対象アプリへのバージョンアップ以前の期間は僅少な計測値がダッシュボードに表示されます。恐れ入りますが、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >