このセクションの記事一覧はこちら

【新】フォトフレーム機能の使い方

『フォトフレーム機能』とは、アプリ内でフレームに当てはめて写真を撮影し、フレームと合成した画像を生成できる機能です。

_______.png

 

フォトフレーム機能でできること

  • フレームに合わせた写真撮影
  • 端末内に保存されている画像とフレームの合成
  • 作成した画像を端末内に保存
  • 画像を各SNSへシェア
  • シェアの際に初期設定するハッシュタグ等の文字設定(※)

※Instagramの仕様により、CMSで設定いただいた文字は初期設定できませんので、予めご了承ください。

 

 

必要なアプリのバージョン

本機能をご利用いただくには、アプリが以下のバージョンとなっている必要がございます。
設定を行う前に、必ずアプリのバージョンをご確認ください。
対応しているバージョン未満の場合、管理画面より『再申請』をいただくと、弊社にてバージョンアップの対応をさせていただきます。 

★対応バージョン★
・iPhone…8.32以降
・Android…6.2.0以降

 

 

『フォトフレーム機能』を設置できる機能

  • リンク設定からのみ

フォトフレーム機能は「アクティブ」「その他」への配置は行なえません。右上のナビゲーションボタンへの配置もできません。
バナーなどをご用意の上、リンク設定でフォトフレーム機能が立ち上がるようにご設定ください。

 

 

注意事項

  • iPhone6以下の端末では、インカメラのフラッシュ機能がないため、フラッシュボタンが表示されません。
  • 一部のAndroid端末では、端末固有の問題により、ライブラリから画像を読み込みフレームにはめ込む際に画像が白くなる場合がございます。こちらは端末固有の問題のため、同様のお問い合わせがあった際には、ライブラリから読み込むのではなく、撮影モードをご利用いただきますようご案内ください。 

 

 

使い方

  1. 『機能設定』より「フォトフレーム」コンテンツを作成
  2. 作成したコンテンツを開き、各項目を設定していきます。
  3. フォトフレームコンテンツへ別コンテンツからリンクを貼り、Preview Yappliで動作を確認します

__________2020-05-15_18.28.29.png

フレーム画像…推奨サイズ:750px × 750px。透過が必要なため、PNG形式の画像のみ対応。
透明度を調整することで、フィルター風にすることもできます。

フレームタイトル(任意)…任意項目とはなりますが、フレームタイトルが設定されていませんとGoogle AnalyticsではフレームIDでのデータ計測となります。

シェアメッセージ(任意)…シェアをする際に自動的に記入されるメッセージやハッシュタグを設定いただけます
※Instagramの仕様により、CMSで設定いただいた文字は初期設定できませんので、予めご了承ください。

 

 

よくあるご質問

Q.登録しているフォトフレームの順番は変更できますか?

A.2020年10月21日より、並び替えが行えるようになりました!

 

Q.フォトフレーム画像は何個まで登録できますか?

A.最大10枚以内を推奨しています。

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >