このセクションの記事一覧はこちら

【新】スクロールメニュー機能の使い方

『スクロールメニュー機能』とは、コンテンツをタブのように横スクロールさせる画面を作ることができる機能です。

スクロール表示をすることで、ユーザーがスムーズにコンテンツを探すことができます。

__________.png 


必要なアプリのバージョン

本機能において、必要なアプリのバージョンはございません。

しかしながら、動作の安定したバージョンでエンドユーザーが快適にご利用いただくためにも、本機能をご利用いただく際には、必ず最新のバージョンアップデートを強くおすすめいたします。
アプリのバージョンアップデートをご希望の際は、弊社カスタマーサポートまでご連絡ください。

 

スクロールメニュー機能の使い方

全体の流れとしては以下となります。

  1. スクロールメニュー機能の中にコンテンツを配置する
  2. スクロールメニューのデザインを設定する

 

スクロールメニュー機能の中にコンテンツを配置する

  1. 「機能設定」から「スクロールメニュー」を作成
  2. アイコンを選択
  3. 作成したスクロールメニューの名称を変更
    ※画像例「SEARCH」
  4. 作成したスクロールメニューの下にある ◀●▶をクリックすると、スクロールの中身が開かれます。
    このマークが、スクロールメニュー機能である印です。
    スクロールしたいコンテンツをドラッグ&ドロップで移動させます。

__________1.png


スクロールメニューのデザインを設定する

  1. 「コンテンツ管理」より、作成したスクロールメニューをクリックします
  2. 展開されたメニューの中から、左に表示されている「設定」をクリックします
  3. 以下の内容をもとにデザインを設定の上、「保存」を押します

 

①メニュー設定(旧:個別設定)
タブのデザインを各コンテンツ別で設定できます。
下部の「一括反映保存」で、全てのタブに同じ設定を適用させられます。
アイコンを非表示にしたい場合は、透明度を0%にします。

__________2.png

 

② 共通設定
スクロールのタブの形式を設定できます。
共通設定の各項目は、それぞれ以下のように対応しています。

【メニュー】
メニューの「高さ」「パディング」「文字サイズ」は以下のように対応しています。
パディングの数値は、左から「上・右・下・左」となります。

__________3.png

 

【インジケーター】

インジケーターとは、開いているコンテンツに表示させるバーのことです。
インジケーターの「角の半径」「マージン」は以下のように対応しています。
マージンの数値は、左から「上・右・下・左」となります。
マージンの上下の数値を変更することで、線の太さを設定できます。

__________4.png

「位置」ではインジケーターを「最前面」または「最背面」に設定することができます。

__________5.png

 

スクロールメニューの応用デザイン

インジケーターを使い、個性的なデザインに設定することもできます。
下記の例のように、太く丸みのあるデザインにすることも可能です。

__________6.png

 

 

注意事項

スクロールメニュー機能は、「2つ以上」のメニュー配置を想定した機能になります。
1つのみのメニューを配置した場合、正しく動作いたしませんのでご注意ください。

 

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >