このセクションの記事一覧はこちら

【新】AR機能の使い方

AR機能は、現実にあるものにデジタル情報を付与する技術を使い、認識した画像に動画を重ねて再生できる機能です。

AR機能でできること

 AR機能を実装したアプリからカメラを通して対象物を表示すると、対象物に対応した動画を再生することができます。
 動画に対し、別のコンテンツへのリンク設定も可能です。

 

必要なアプリのバージョン

本機能をご利用いただくには、アプリが以下のバージョンとなっている必要がございます。
設定を行う前に、必ずアプリのバージョンをご確認ください。
対応しているバージョン未満の場合、管理画面より『再申請』をいただくと、弊社にてバージョンアップの対応をさせていただきます。 

★対応バージョン★
・iPhone…8.44以降
・Android…6.6.0以降

 

対応端末

・iPhone…iOS 12以上かつAR Kit2が搭載された端末
・Android…Android 7以上かつ「Google Play 開発者サービス(AR)」をインストールされた端末※1 ※2 ※3

Androidの対応端末は下記公式ページをご参考ください。

https://developers.google.com/ar/discover/supported-devices

※1 Android 7以上であっても一部未対応の端末がございます。また、一部端末によってはAndroid 8以上が必要になる場合がございます。
※2 対象Android端末にてAR機能を初回利用される場合、「Google Play 開発者サービス(AR)」アプリをダウンロードいただく必要がございます。
※3 2019年8月22日に「ARCore by Googleアプリ」から「Google Play 開発者サービス(AR)」へ名称が変更しております。

 

使い方

※リンク設定からのみご利用いただけます。

AR機能は「アクティブ」「その他」への配置は行なえません。右上のナビゲーションボタンへの配置もできません。
バナーなどをご用意の上、リンク設定でAR機能が立ち上がるようにご設定ください。

 

  1. 『機能設定』より「AR」コンテンツを作成
  2. 作成したコンテンツを開き、各項目を設定していきます。

AR__.png

①検出画像:動画を再生するために読み取る画像を設定します。
②ARコンテンツ:①の画像を読み取ると再生される動画を設定します。
 ※設定できるのはPROアカウントで公開されている「Vimeo」の動画のみとなります
③リンク (任意):動画から遷移できるリンクを設定します。

 

注意事項

Android端末のプレビューアプリで実際にAR機能を立ち上げたとき、

「読み込みできない画像が設定されています。設定した画像を確認してください。」

とエラーが出る場合、管理画面にアップロードした画像が読み取り不可のものとなっているので差し替えをご検討ください。

※管理画面の画像の上にマウスをあてると画像IDが表示されます。エラー文言にも同様の画像IDが掲載されているので確認し、差し替えをお願いいたします。

 

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >