このセクションの記事一覧はこちら

【新】ポップアップ機能の使い方

『ポップアップ機能』とは、アプリ内でポップアップを表示し、簡易的なお知らせや案内ができる機能です。

_________.png

 

前提事項

  • ポップアップはフリーレイアウト機能で作成します。

  • ポップアップとして設定するフリーレイアウト機能の画面に、多くの情報が設定されている場合、ポップアップの立ち上がりが遅くなることがあります。
    表示領域が長い場合ポップアップ内はスクロールしますが、スクロールしない範囲での設定を推奨します。

 

必要なアプリのバージョン

本機能をご利用いただくには、アプリが以下のバージョンとなっている必要がございます。
設定を行う前に、必ずアプリのバージョンをご確認ください。
対応しているバージョン未満の場合、管理画面より『再申請』をいただくと弊社にてバージョンアップの対応をさせていただきます。 

★対応バージョン★
・iPhone…7.4以降
・Android…4.6以降

また、「アプリ上でポップアップが表示された際、外側をタップすることで閉じられるように改善したバージョン」は以下になります。

★対応バージョン★
・iPhone…9.42以降
・Android…7.6.6以降

  

『ポップアップ』を設置できる機能

  • フリーレイアウト機能 

 

『ポップアップ』に設定できる機能

  • フリーレイアウト機能

 

『ポップアップ』内からリンクできる機能

  • フリーレイアウト機能
  • 電子書籍機能
  • クーポン機能
  • ウェブビュー機能
  • アニメーションレイアウト機能
  • フォト機能
  • ニュース機能
  • カタログ機能
  • ショップ機能
  • ビデオ機能
  • 通知履歴
  • 会員カード機能
  • スクロールメニュー
  • お気に入り一覧
  • ログイン機能
  • フォーム機能
  • スタンプ機能
  • リダイレクト

※あくまでリンク先として指定ができ、機能としてタブバー内に配置できるのみとなり、フリーレイアウト内のオプション機能(テキストコピー等)は含まれません。 

 

設定方法

機能を設定するための全体の流れとしては

  1. 「ポップアップ機能」内で表示させる「フリーレイアウト機能(表示元)」を作成する
  2. 「ポップアップ機能」表示させたい「フリーレイアウト機能(表示先)」で設定をする

となります。

 

「ポップアップ機能」内で表示させる「フリーレイアウト機能(表示元)」を作成する

  1. 新しいフリーレイアウト機能を用意し、コンテンツ管理から編集画面に移動します。

  2. ポップアップ内に表示させたい画像や文字を設定します。
    アピアランスも反映されるので、必要に応じてマージンやパディングといった余白やカラムなどもご設定ください。
    ※フリーレイアウト内のオプション機能(テキストコピー/エンベッド動画/ポップアップ等)はご利用いただけません

  3. リンク先に設定できる機能は、『ポップアップ』内からリンクできる機能に記載のものに限ります。
  4. 設定が完了したら、ページの下にある「保存」ボタンを押します。

 

「ポップアップ機能」を表示させたい「フリーレイアウト機能(表示先)」で設定をする

  1. コンテンツ管理から、ポップアップ機能を設置したいフリーレイアウト機能を開きます
  2. リンク元であるセルのアクションから、「ポップアップ」を選択します
    2.png
  3. 「ポップアップで表示するフリーレイアウト機能」に、上記で作成したフリーレイアウト機能(表示元)を選択し決定します
    3.png
  4. 保存後、Preview Yappliにて動作をご確認ください

 

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >