このセクションの記事一覧はこちら

インストール可能OSバージョン・推奨OSバージョン変更のお知らせ

平素弊社サービスをご利用いただきましてありがとうございます。 

この度弊社では、より良いパフォーマンスでYappliをご利用いただくため、iOS 11.0 以上(以下、該当OS)をYappli のインストール可能OS・推奨OSバージョンとさせていただくくことをお知らせ申し上げます。

  

変更後のインストール可能OS・推奨OSバージョンについて

2020年1月15日から、アップデート申請をいただいたお客様から対応となりますので、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

  • 変更日:2020年1月15日
  • インストール不可および推奨外となるOSバージョン
    • iOS : 11.0未満
  • 各対応バージョン

    • インストール可能OSバージョン
      • iOS:11.0 以上
      • Android:5.0 以上
    • 推奨OSバージョン
      • iOS:11.0 以上
      • Android:7.0 以上

    ※全ての端末での動作を保証するものではありません
    ※上記OSを搭載している端末であっても、OSのアップデートや端末の特別な設定、空き容量や通信状況・通信速度などが起因し、動作しない場合がございます

 

 

よくあるご質問

Q.すでにアプリをダウンロードしている、該当OSのユーザーはどうなりますか?

A.現在、該当OSで すでにアプリをご利用いただいているお客様は、アプリケーションを更新・削除しない限り、アプリを継続してご利用いただけます
しかしながら、対象外OSで起きた不具合につきましては、サポート対象外となります。

 

Q.対象ユーザー数が多く、バーションアップしたくない場合はどうなりますか?

A.1月15日以降のバージョンにアップデートをしない場合、これまでの対象のお客様にも引き続きご利用いただくことができます
なお、対象OSで起きた不具合につきましては、サポート対象外となります。
また、1月15日以降にリリースされた新機能はアプリをバージョンアップをいただかない限りはご利用いただけないため、ご了承ください。

 

Q.1月15日以降にアップデートをしない場合、App Storeの表示はどうなりますか?

A. 1月15日以降のバージョンにアップデートをしない限りは、App Store上のOS要件は「10.0以降のまま(※)」になります。
なお、App Storeに表示されているOS要件に関わらず、1月15日以降以降、該当OSがサポート対象外となります。
※長期でアップデートいただいていない場合、9.0以降となる場合もあります。
アップデートをしない限りは、表記されているバージョンがそのまま表示されるとお考えください。

 

Q.いつの再申請からサポートOSが変更されたバージョンが適用されますか?

A.1月15日以降、再申請いただいたアプリはすべて、サポートOSが変更となるバージョンでのアップデートとなります。
なお、再申請の有無に問わず、1月15日以降は該当OSがサポート対象外となります。 
※弊社での申請支援後、各ストアへの公開まで最大一週間前後の期間が必要となります

 

ご不明な点はカスタマーサポート(support@yappli.co.jp)またはチャットにてお問い合わせください。
今後とも弊社サービスを何卒よろしくお願いいたします。

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >