このセクションの記事一覧はこちら

【新】生体認証機能の使い方

生体認証機能を利用することで、ウェブビュー機能に設定されたウェブサイトのID/パスワードの自動入力が実現できます。

※本機能は、法人プランをご利用中のお客様向けのオプションとなります。
ご利用をご検討の際は、担当者もしくは
お問い合わせフォームよりカスタマーサポートまでご連絡ください。

 

必要なアプリのバージョン

本機能をご利用いただくには、アプリが以下のバージョンとなっている必要がございます。
設定を行う前に、必ずアプリのバージョンをご確認ください。
対応しているバージョン未満の場合、管理画面より『再申請』をいただくと弊社にてバージョンアップの対応をさせていただきます。 

★対応バージョン★
・iPhone…9.18以降

 

 

生体認証機能がご利用可能な機種

  • Face ID / Touch IDがご利用及び設定いただけるiPhone端末

 

 

生体認証機能の使い方

______.png

  1. 生体認証を設定したいウェブビュー機能を開きます
  2. 左メニューから「拡張設定」をクリックします
  3. 自動補完を有効にしたいURL・パラメータ名を設定します。
  4. 「FaceIDとTouchIDでの本人確認を有効にする」で「有効」を選択します
  5. 生体認証が成功したと同時にログインを自動にさせたい場合は、「submitを自動で行う」を「有効」にします
  6. CSSセレクタとして、「決定/ログインボタン」などを指定します
    【例】body>article input[type="submit"]
    ※設定すべき箇所がご不明な場合は、貴社サイト運用者様にお尋ねください
  7. 下部の「保存」ボタンをクリックします

 

CSSセレクタの指定方法

  1. 「フォームの自動補完を有効にするウェブページ」に設定されているURLを、パソコン版のGoogle Chromeで開く
    ※実際に生体認証時にアプリで開くウェブページを開いてください。UA判定などで異なるURLにリダイレクトされていないか、事前にご確認ください。
  2. 対象のフォームの生体認証後に自動でsubmitさせたいボタン(ログインするボタンなど)を右クリックした上で、「検証」を選択

    __________2020-04-09_15.37.17.png
    上記画像を例とし、青線で囲われた「ログイン」ボタンを自動でsubmitされたい場合は、「ログイン」ボタンの上で右クリックをし、赤く囲った「検証」をクリックします。
  3. 選択しているボタンを右クリックし、「Copy」内の「Copy selector」を選択する
    クリップボードにCSSセレクタがコピーされるので、それを管理画面上のCSSセレクタに貼り付ける
    __________2020-05-15_14.22.28.png
    上記画像を例とし、青線で囲われた「ログイン」ボタンを右クリックし、「Copy」内の「Copy element」を選択します

 

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >