このセクションの記事一覧はこちら

iOSアプリをiPhone X対応させる方法

 

2018年7月以降、既存の公開されているアプリでもアップデートで再審査をする場合、iPhone X対応が必須となります。

今後、iPhone X対応させる為には以下の手順に従って、アプリの再申請をお願いいたします。

再申請をいただくことで、自動的に画面をiPhone X対応することが可能です。

 

■iPhone X対応の確認方法

以下画像のようにiPhone X対応をしていない場合は、上下にスペースが生じます。

※iPhone Xをお持ちでなく自社で確認できない場合は、弊社サポートへご連絡いただければ、現状を確認いたします。

iPhoneX.png

 

■必要な画像

  1. App Storeに掲載するiPhone X 用のスクリーンショット
    • 横1,125×縦2,436
    • 2枚以上5枚以内
  • 注意点:ご用意いただくスクリーンショットに画面モックが入る場合は、iPhone Xでご用意いただく必要があります。

    ※画面モック入りスクリーンショット例
    iPhoneX_____.png

2. iPhone X 用の起動画面(スプラッシュ)画像

  • 横1,125×縦2,436

 

■再申請に必要な手順

  1. 管理画面へログイン後、「アプリ登録」へ移動します。
    save image
  2. 「必要な画像」で記載した2つの素材を以下よりそれぞれアップロードします。
    「App Storeに掲載するiPhone X 用のスクリーンショット」はこちらへアップロード
    save image

    「iPhone X 用の起動画面(スプラッシュ)画像」はこちらへアップロード
    save image
  3. アップロードが完了しましたら、最下部にある「保存する」をクリックしていただくと、「再申請する」が下部に表示されます。続いて、「再申請をする」をクリックいただくことで弊社から申請支援をいたします。
    Pasted_image_at_2018_05_23_11_30_AM.png

    その後は、Appleからの審査状況を確認ください。

 

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >