このセクションの記事一覧はこちら

App Storeにアプリが表示されない時は

Apple Developer Programは1年ごとにApple社へ更新料を払う必要があります。

有効期限内に更新をされませんと、リリースしているアプリがApp Store(App ストア・アップストア)上で表示がされなくなってしまいます。

意図的にアプリを非公開にしておらず、AppStoreで検索結果に表示されなくなった場合は、まずはApple Developer Programの有効期限を確認しましょう。

確認方法は以下となっています。

  1. Apple Developer Programにログインする
  2. 左側のメニューから、「Membership」を選択するAccount_-_Apple_Developer.png
  3. 【Expiration Date】が、そのアカウントのApple Developer Programの有効期限となりますAccount_-_Apple_Developer2.png

 

こちらの有効期限が過ぎている場合、早急にアカウントの更新を行うようお願い致します。 

更新方法については、下記弊社サポートページもご参考ください。

Apple Developer Programのアカウントを更新する方法【毎年必須】

 

なお、Apple Developer Programの更新を行う時期については、Apple社より有効期限の30日前にアプリを公開されているAppleIDのメールアドレス宛に、以下件名のメールにてお知らせがされます。

 

【件名】 Your Apple Developer Program membership expires in 30 days.

 

こちらのメールが届きましたら、メール本文にある『Renew now』というリンクからApple Developer Programにログインいただき、画面の案内に従ってお支払い手続きを行うようお願い致します。

※ログインするアカウントは、アプリを公開しているApple IDアカウントとなります。
※ログインされた後、手続きに進めない場合は、ログインしているアカウントが正しいものかをご確認ください。

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >