このセクションの記事一覧はこちら

リンク先(遷移先)に指定されているコンテンツがかんたんに確認できるようになりました!

新CMSにおいて、リンク先が設定されている場合に遷移先として指定されているコンテンツがかんたんに確認できるようになりました。
フリーレイアウト機能をはじめ、ニュース機能やプッシュ通知機能、スタンプカード機能など、リンク設定が行える箇所すべてで実装されています。
ぜひご活用ください。

 

__________2021-01-12_11.38.18.png

 

 

手順

  1. リンク先として設定されているアクションの一番右に表示されている「→」をクリックします
    __________2021-01-12_11.38.18.png
  2. 同ウインドウにて、リンク先して設定されているコンテンツに遷移します
    __________2021-01-12_11.41.14.png

 

 

ヒント

  • リンク設定がされていない場合、「→」は表示されません
    __________2021-01-12_11.34.38.png
  • リンク先のコンテンツ名が変更された場合、リンク元に表示されるコンテンツ名は【変更前】のものとなります。「→」をクリックした際に表示名と異なるコンテンツに飛ばされることはなく、コンテンツ名が表示されております。
    【例】すでにリンク先として指定されている「フリーレイアウトA」という名前のコンテンツ名を「フリーレイアウトB」とした場合
    ・リンク元に表示されるコンテンツ名は『フリーレイアウトA』
    ・上記に表示された「→」をクリックして遷移したコンテンツ名は『フリーレイアウトB』

 

ご注意

  • 「→」をクリックして真っ白いページしか表示されない場合、リンク先のコンテンツが削除されております。その状態で再構築をされると、アプリで同操作をした場合にも真っ白な画面が表示されるデッドリンクとなります。削除されたコンテンツは復元できないため、リンク先を修正する・改めてコンテンツを作成した上でリンク設定をし直すといったご対応を行ってください。

 

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >

不明点はございますか? お気軽にお問い合わせください >